葛飾区 耳鼻科 耳鳴り 食道がん メニエル病 慢性副鼻腔炎

鼻の病気について

鼻中隔彎曲症ってなんですか?

 鼻の真ん中にある、左右の鼻を隔てる壁のことを鼻中隔(びちゅうかく)といいます。顔面の骨(顔面骨・頭蓋骨)の成長の過程で、直立歩行をしている人間は大脳の発育が著しく早く、硬いものを噛まなくなった人間の下あご(下顎)は発育が遅く、その発育の大きな力の歪みを顔の真ん中にある鼻中隔軟骨が解消していると考えられています。

 その結果として左右前後と立体的(三次元的)に鼻中隔彎曲症が発生し、私たちの鼻内構造は左右非対称的となります。そこに更にアレルギー性鼻炎などが加わると、鼻閉や嗅覚障害などの症状、副鼻腔炎(ちく膿症)など様々な鼻炎を合併する原因となっています。

 鼻閉の改善や副鼻腔炎の治療の一環として鼻中隔彎曲矯正術という手術療法が有効なことがあります。その手術治療により、多くの鼻閉(鼻づまり)は改善します。なかなか良くならない鼻閉の方はご相談下さい。